ビジネススーツの色

ビジネスマンのユニフォーム

ビジネススーツは濃い色

働くサラリーマンのユニフォームといわれるビジネススーツですが、その色はだいたいが黒か濃紺かグレーです。まれに、濃茶も見かけます。ほぼ、これらの色が大部分を占めています。なぜこんなダークカラーが好まれるかといえば、なんといっても汚れが目立たないことです。次に、布地が痛んでもそれほどダメージがわかりにくい点があります。ビジネススーツは、家庭で洗濯はできません。クリーニング代も高価で、頻繁にクリーニング屋さんに出せません。それに、毎日着用しますので経済性を考えると、汚れや痛みが目立たないダークカラーに落ち着くのが当然の選択でしょう。

昨今のスーツの必要性について

ビジネスマンの働くスタイルは昭和の時期と比べると著しく違っています。それは外資系企業を始めとする欧米企業の日本進出によるスタイルの導入や改革があったことは言うまでもありませんが、その他にも昨今我々を悩ませている地球温暖化によるものもあります。ですので大切な役員会や株主総会などの催しごとの時には上下スーツの方が良いかと思いますが、その他通常の客先商談の時やビジネスの場では必ずしもスーツ着用と言う日本独自のルールはなくなり、カジュアルスタイルと言われるジャケットとチノパンで臨んでも相手に対して失礼になると言うことはなくなりました。

↑PAGE TOP